沖縄移住

沖縄移住に関する14個のデメリットまとめ【沖縄移住失敗談】

投稿日:2018-08-22 更新日:

つーぶろ
こんにちは!つーぶろっくです!

ちょうど1年前。自分は沖縄移住に向けてもくもくと色んな準備をしていました。

仕事も退職手続きを終えて有給休暇消化中でした。

あの頃の自分は沖縄移住に対して壮大な夢を抱いていたと思います。

けど、1年たった今、自分は沖縄移住を失敗して内地へ戻ってきています。。

あの頃の自分に沖縄移住に失敗した今だからわかる「沖縄移住するべきでない理由」を伝えてやりたい。
つーぶろ

移住したい都道府県ランキング1位「沖縄県」の真実

世の中的には沖縄県は「移住したい都道府県ランキング1位:だそうです。

自分的にはまぁそうだろうな。前の自分だったら絶対沖縄移住したいと思うもん。

でも今なら間違いなく言えます。

沖縄移住なんかするべきではない。病むところだ
つーぶろ

と。

沖縄移住を失敗したことを認め、戻ってくるときの自分は間違いなく病んでた。

当時の記事を見ると本当かわいそうなくらいだ。

 

この記事では沖縄移住に関する夢や希望を見事に打ち砕く「沖縄移住するべきでない理由」をまとめました。

ご覧になる方は沖縄移住に対して大きな期待をしている方もいると思います。

それか、移住を考えていて実際に移住失敗した人の声を聞きたくて検索できた方もいるかと思います。

もし、沖縄移住に対してショックを受けたくない方はここで見るのを辞めたほうがいいと思う。

沖縄移住失敗した理由一覧<沖縄移住のデメリット>

麻疹 予防接種

まず、ここに沖縄移住失敗した理由を雑に挙げてみたいと思う。

つーぶろ
心して聞くが良い!

沖縄移住するべきでない理由

  1. 仕事がマジでない!
  2. うわっ!沖縄の収入低すぎ!
  3. 物価が高い
  4. 車やバイク必須!
  5. 渋滞多すぎ問題
  6. 旅行に行けない閉鎖空間!
  7. 沖縄だって冬は寒い!平均気温20℃
  8. 遊び場が少ない
  9. 沖縄飯は飽きる
  10. 沖縄タイムが嫌過ぎる
  11. 友達がいないと辛すぎる
  12. のほほんとした空気なんてなかった
  13. 島の人全員が良い人なわけでない
  14. 覚悟しないと沖縄移住失敗しちゃう

次から詳しく見ていきたいと思います。

沖縄移住失敗した14の理由<沖縄移住のデメリット>

仕事がマジでない

自分が希望する仕事がマジでないんです。限られています。

観光業、介護、医療に関しては抜群に求人がありましたが経験ないし、観光業や介護に関してはやりたくなかったので選べませんでした。

 

自分の前職は技術者でした。開発をする仕事。電気の回路図をかいてはんだ付け使う仕事です。

でも、沖縄って開発系の仕事なんて皆無なんですよ。

土地柄的に沖縄で開発してもそれをどこで量産する?ってなったときに内地(本州)でやるしかありません。

沖縄ではそういうの向いていないんですね。全く求人がありません。

ちなみにWeb系の仕事は多いです。ネット環境さえ整っていれば沖縄にいても仕事ができるからかな。

うわっ!沖縄の収入低すぎ!

年収がマジで低いんです。普通の観光業や介護で基本は10万~15万が手取り。

介護とかちょいと難しい仕事で20万行くか行かないくらい。夜勤して手当もらわないときついっす。

 

元々都内で仕事をしていた自分からしたらこの給料で生活していくのは正直青ざめました。

だってそんな給料をもらっても家賃払って食費払ったりいろいろ支払っていたら贅沢なんてできないから。

沖縄の友達も遊ぶときは常にお金のことを考えてなるべき安く収まるように考えて動いていたため我慢が必要でした。

物価が高い

物価が高いんですわ。前評判で知ってはいたもののちょっとやりすぎと思うくらい高かった。

なんでもやしに35円も払わなきゃいかんの?

 

沖縄は島です。周りは海に囲まれているため沖縄で売っていない食べ物、栽培できない野菜とかは内地から運んでくるしかありません。

その分、全ての値段が高くなっています。2割~3割ほど高いです。

地味に生活を圧迫させます。

車やバイク必須!

沖縄は交通網が全く発達していません。

あるのは市内を走るバスとモノレール。

バスはごちゃごちゃしてるしモノレールも空港から首里城までしか出ていない。

どこに行くにも歩いていくと効率が非常に悪いので車かバイクが必須です。

その分、ガソリン代などの維持費がかかってしまいます。

自分も沖縄ではあまりの交通の便の悪さにバイクを購入し、移住失敗時に売りました。

 

あの狭い島に電車や新幹線、モノレールを全土巡らせるのは土地的にも難しいんでしょうね。

将来的には空港から名護市まで行く新幹線的なものができると聞いています。それに期待です。

渋滞多すぎ問題

まじで渋滞が多いんですわ。

観光客のレンタカー+地元民の使う車が那覇市内だといたるところで大渋滞。

那覇市内の県道は朝、夕方は激混みです。

モノレールや電車がないから必然ですかね。

旅行に行けない閉鎖空間!

沖縄は周りを海で囲まれた閉鎖空間になります。

どこか遠くに行きたいってなったときも行けません。

精々、北から南までの車で焼く3時間ほど走らせる程度です。

それだけの距離離れたって旅行に行った!なんて思えないです。

 

自分は旅行が好きだったのでどこか旅行に行くにも一回、内地まで飛行機で行ってからやっと。というところだったので本当に旅行に行きづらかった。

これはストレスでしかありませんでした。


沖縄だって冬は寒い!平均気温20℃

ええ。沖縄だって冬は寒かった。

てっきり自分は沖縄は温暖な気候だから冬だってきっと温かいに違いない!

なんて幻想を抱いておりました。

 

でも、結局は沖縄だって秋を過ぎると北風が強くなります。

風速1メートルで体感温度は1℃下がると言われております。

沖縄の冬の平均気温が20℃。それに対して北風が台風のちょっと手前くらいでビュービュー吹く日も珍しくありません。

そうなるとあっという間にジャンパー来ても凍えるくらい寒くなります。

海なんてもってのほか。

遊び場が少ない

沖縄って本当遊ぶところがないんです。

正直、観光地なんて1ヶ月で行き尽くしてしまいました。

そもそも沖縄移住するまでに何度も沖縄旅行しているわけだから残っている冴えない観光地しかないわけです。

そこに言ってもつまんないし、すぐ行き尽くしてします。

友だちと会っても、

何して遊ぶー?
ライカムイオンに行くかー
つーぶろ

と、本当イオンに行くしか脳がありません。

困った。遊ぶところがないのは地味に精神を削られていきます。

沖縄飯は飽きる

沖縄の食べ物に飽き飽きしてきます。

本当は沖縄には魅力的な食べてものが沢山あるんですよ。

  • 沖縄そば
  • ソーキ
  • もずく
  • 海ぶどう
  • ゴーヤチャンプルー

などなど。でも、そんなのも少しずつ飽きてくるんですね。ずっと食べてると。

5ヶ月も暮らしていると、

つーぶろ
都内のあのパフェがまた食べたいなぁ。

とか

つーぶろ
海鮮丼食いてぇなぁ。

なんて思ってくるんですよ。

沖縄タイムが嫌過ぎる

沖縄でできた友達の中で沖縄タイムのアビリティを所有しる割合は確かに高かった。ざっと4割位。

詳しくはこちら。

沖縄タイムが原因で縁を切るなんて正直したくないし気分が悪い。

沖縄が嫌になる原因の大きな一つかも。

友達がいないと辛すぎる

沖縄移住するなら沖縄に友達がいないとかなり辛いと思います。

自分は沖縄移住する前から旅行とかで知り合った友達がいて精神的に支えてもらえました。

しかし、彼らも社会人。沖縄で立派に生活しています。

無職だった自分は昼間も何か予定を入れないと暇で仕方がありません。

昼間は友達も働いているので何もしていない自分が嫌になります。

昼間遊べる友達なんてできないからこれはまぁ仕事をしてればなんとかなったのかなぁと思います。

のほほんとした空気なんてなかった

沖縄移住する前は

つーぶろ
沖縄ののほほーんとした空気を味わいたいなぁ

なんて夢を思っていました。

実際、移住してみるとのほほんとした空気なんてありませんでしたし、沖縄の人はみんな都内と同じように仕事をしていきています。

つーぶろ
ほんと、ふっつーの空気でした。なんじゃこりゃ。

島の人全員が良い人なわけでない

移住する前は旅行とかで沖縄に来るわけですよ。

観光地で接する人たちなんてみんな稼ぐためだから愛想よく感じよくしているだけです。

自分はそんな感じの良い観光地で働く人たち=沖縄の人全員が同じように感じが良い

と思ってしまってたんでしょうね。

沖縄の人と言っても言ってしまえば普通の人です。

感じが良くて約束も守って筋を通してくれる人もいれば、

なんかよくわからないけど突然音信不通になったり、時間を守らなくて注意したら逆ギレされたりと色んな人がいます。

覚悟しないと沖縄移住失敗しちゃうよ

以上で「沖縄移住するべきでない理由たち」をまとめてみました。

マイナスな部分だけしかまとめていないのですがもちろんプラスな部分もありますよ。

それはまた次回まとめたいと思いますがまずは悪い部分を覚悟しないと沖縄移住失敗しちゃうよってことを言いたかったんです。

人生の大事な決断になると思うのでしっかり考えてくださいね!

なにか聞きたいことがあったらコメントいただけると嬉しいです。

-沖縄移住
-, ,

Copyright© OKIRAKU LIFE.com , 2018 All Rights Reserved.