海外旅レポ

【死ぬまでに行きたい】初グランドキャニオン行ってきたレポ【ツアー】

投稿日:2018-08-29 更新日:

つーぶろ
こんにちは!つーぶろっくです!

2018年7月16日。生まれて初めてグランドキャニオンに行ってきたのでレポートにまとめたいと思います!

正直、これまで旅行したどの場所よりも壮大で死ぬほど感動した!

グランドキャニオンツアー概要

グランドキャニオンとは?

グランドキャニオンはアメリカにある国立公園の一つ。

公園と書かれていますがそれはもはや公園ではない

地球のへそと言っても過言ではないくらいの壮大な広さを持った峡谷(きょうこく)です。

Wikipediaより引用

グランド・キャニオン(Grand Canyon)はアメリカ合衆国アリゾナ州北部にある峡谷である。
コロラド高原が長年のコロラド川による浸食作用で削り出された地形である。
先カンブリア時代からペルム紀までの地層の重なりが好露出しており、肉眼で観察が可能である。
地球の歴史を刻んでいる価値と共に、その雄大な景観から、合衆国の初期の国立公園の一つであるグランド・キャニオン国立公園に含まれている。
国立公園は1979年に世界遺産に登録された。

グランドキャニオンの場所

あまりに大きすぎてここまで拡大しないと場所が分かりづらい。

グランドキャニオンを知ったのは中学の英語

初めてグランドキャニオンという場所を知ったのは20年以上前の中学の英語でした。

当時、中学の英語の教科書は「SUNSHINE(サンシャイン)」を使用。

その中でグランドキャニオンが教材の一つとして出てきたのです。

当時、

つーぶろ
あぁ、グランドキャニオンってすげー。

と思っており写真で見る壮大さを英語と一緒に学んだことで深く印象を植え付けられました。

漠然と心の中で

つーぶろ
死ぬまでに一度でいいからグランドキャニオンに行ってみたいなぁ。

と思っていました。

それがついに実現する日が来るとは。。

グランドキャニオンへの行き方・事前準備

個人手配・ツアー参加の2通り

当たり前ですがグランドキャニオンに行く方法は

  • 個人で全てを手配する→(全て自分で手配が面倒。英語必須。安い。自由は効く。
  • ツアーに参加する→(ツアー会社に全てお任せ。英語不要。高い。自由が効かない。

の2通りがあります。それぞれメリット・デメリットがあります。

「アメリカで観光地を巡るのは初めて。」「英語は話せない。」などの理由から今回はツアーに参加して全てお任せて行くことにしました。

ツアー参加方法

私が今回申し込んだツアーはこちら「 VELTRA 」。

LA発!飛行機で行くグランドキャニオン日帰り観光ツアー<日本語ガイド>

ポイント

  • ロサンゼルス発(有料で各ホテルへの送迎付き)
  • 日本語ガイド付き
  • 日帰りで観光できる

という点でこのツアーを選びました。

ロサンゼルスのディズニー観光がメインであったため日帰りで行ける VELTRA のツアーはぴったりでした。

他にも現地のオプショナルツアーを柔軟に申し込めることができるのでおすすめです。

↓↓ツアー申し込みのサイトはこちら↓↓


ツアー料金

ツアー料金の内訳は以下の通り。

料金内訳(2名申し込み)

  • ツアー参加費用:475ドル×2人
  • ホテル送迎(2名以上):25ドル×2人(※送迎場所によって料金が変動)

2名申込みで合計1000ドル日本円で114,147円でした。

ツアー料金としては高め。

ですがあの壮大なグランドキャニオンを死ぬまでに見てみたい

この機会に行けるならってことで思い切って申し込みました。

参加制限・注意点

特に制限はなかったので誰でも参加可能と思われる。

殆どがバス移動。バス到着~グランドキャニオンへ徒歩5分。10分~20分の自由行動くらい。その程度なのでお年寄りでも問題ない。

飛行機の中が暑いため水を持つなどの熱中症対策は必須

グランドキャニオンは乾燥しているため気づかないうちに熱中症になる危険があるため水は常備しておくこと。

グランドキャニオンを一度みたら他の観光地で感動できなくなる可能性あり

準備するもの

ツアー側が用意するもの

昼食

個人的にあればいいなぁと思ったもの

■自撮り棒

絶景なので一緒に取れる自撮り棒があると思い出に残せる。

■モバイルバッテリー

朝方から半日かけてのツアーのため沢山写真を撮っているとバッテリーが足りなくなる。

■現金orクレジットカード

お土産を数点で抑えるなら100ドルあれば十分余ります。

■旅行用財布

スリ対策に専用の旅行財布を持つことをおすすめします。

■サングラス&帽子

結構眩しかったので。オシャレ気分も兼ねて。

グランドキャニオンツアー写真レポ

出発~飛行場まで

5:30~アナハイムのホテル「トロピカーナインアンドスイーツ」に送迎。

駐機場まで約1時間

6:30~駐機場到着。オシャレな待合室で待機です。

紅茶、コーヒー、麦茶、クッキーが準備されており、飲み放題です。

Free Wi-Fiも飛んでる。

待合室からは飛行機が見える。

パイロットの方も準備ができてリラックスしていました。

ツアー参加者だとわかるようにシールを貼り付けます。

飛行機

7:00~飛行機に乗り込みます。

かなり狭い!そして暑い機内。

注意事項の書かれた紙を読みます。<画像クリックで開きます>

離陸

無事に離陸。Gが半端ない。

飛行時間は約45分。

到着

無事に空港へ到着。

飛行機を降りて待合室に行きます。※ここで水を買える最後の場所。熱中症にならないために必ず買っておきましょう。

バスが1台待機しているので乗り込みます。

グランドキャニオン国立公園へ入るための受付待ち。パイロット兼ガイドさんの面白い話が続きます。

受付を終えると一気にそれっぽい景色。

グランドキャニオン<マーサポイント>

グランドキャニオン国立公園に到着しました!もうグランドキャニオンの見える場所はすぐそこです。

解散~集合場所がここ。

そして、待ちに待ったグランドキャニオン

↓クリックで開きます。↓

奥の奥までグランドキャニオンが広がっています。地平線まで見えるレベル。素晴らしい景色。

つーぶろ
これ以上の景色、この世にあるの!?

リアルに泣いた。
つーぶろ

移動

もう一箇所、グランドキャニオンを楽しめる場所があるためバスで向かいます。

コテージに到着しました。

コテージの裏を出るとまた広大な景色が広がっています。

つーぶろ
こんな景色、映画でしか見たことない。

つーぶろ
パイロット兼ガイドさんがツアー参加者に対して記念撮影をしてくれました。

ここにはいくつもコテージがあり、宿泊施設になっているとのこと。

夜の空は本当に綺麗らしく、天の川がはっきりと見えるそうです。

別ツアーになっているので是非おすすめとのことでした。

グランドサークル1泊2日 グランドキャニオン&セドナ&モニュメントバレー&アンテロープ&ホースシューベンド<昼食1回付/日本語ガイド>

昼食<激ウマビュッフェ>

バスに乗り込み、昼食会場へ向かいます。途中で道路を渡るシカにも会えました。かなりレアとのこと。

昼食会場へ到着。

昼食はビュッフェ形式でした。このテリヤキチキンにサラダのドレッシングをかけると激ウマでした。

帰り

バスで空港まで戻ってきました。運転手の方にチップで1ドルあげるようガイドさんに促されました。

つーぶろ
待合室の電報掲示板にメッセージを残してきました

帰りも小さな飛行機に乗っていきます。

飛行機の中はお昼ということもあり灼熱地獄。結構危険レベル…窓からの景色をパシャリ。

駐機場についたら送迎の車に乗り、帰宅しました。

グランドキャニオンツアー参加しての感想

マジで行けてよかった!!

つーぶろ
死ぬまでに行けてよかった!

この一言に尽きます!

自分の目でグランドキャニオンを見た瞬間、がでてしまった。

これ以上に素晴らしい景色ってこの世にあるの?と思うくらい。

それはそれは広大で深くて遠くて。全てを包み込む超自然。

自分が持っている悩みなんてこの自然を相手にしたら本当にちっぽけなもの。

悩む必要なんてないじゃん!って思えるくらいの素晴らしさでした。

また行きたいか?と聞かれたら。また行きたいと思える!そんな場所でした!

私が申し込んだツアーサイト

改めて。。私が今回申し込んだツアーはこちら「 VELTRA 」です。

LA発!飛行機で行くグランドキャニオン日帰り観光ツアー<日本語ガイド>

ポイント

  • ロサンゼルス発(有料で各ホテルへの送迎付き)
  • 日本語ガイド付き
  • 日帰りで観光できる

という点でこのツアーを選びました。

ロサンゼルスのディズニー観光がメインであったため日帰りで行ける VELTRA のツアーはぴったりでした。

他にも一泊二日でグランドキャニオンの夜空を見るツアーが本当に素晴らしいと操縦士の方もおっしゃってたので次行くときは参加したいと思います。

グランドサークル1泊2日 グランドキャニオン&セドナ&モニュメントバレー&アンテロープ&ホースシューベンド<昼食1回付/日本語ガイド>

 

他にも現地のオプショナルツアーを柔軟に申し込めることができるのでおすすめです。

↓↓ツアー申し込みのサイトはこちら↓↓


-海外旅レポ
-, , ,

Copyright© OKIRAKU LIFE.com , 2018 All Rights Reserved.