転職

【独学】1級陸上無線技術士試験に一発合格する方法まとめ【教えるよ!】

投稿日:2018-04-26 更新日:

つーぶろ
こんにちは!つーぶろっくです!11月に入ったら受験の申込をお忘れずなく!
つーぶろ
2019年1月期の試験の受験申し込み終了(11/20まで)です!あと2ヶ月!がんばりましょう!
つーぶろ
よかったら決意表明コメント欄でしていただけると飛んで喜びます!

本日は第1級陸上無線、第2級陸上無線の試験に独学で絶対に合格する方法を伝授したいと思います。まずは陸上無線技術士の説明から始めたいと思います。

長いのでとにかく勉強法を知りたい方はこちらから。

絶対受かる独学勉強法までジャンプ

陸上無線技術士とは

陸上無線技術士とは国家資格で、日本無線協会が年に2度(1月、7月)開催する試験にて合格した人に与えられる資格になります。

 

無線通信を扱う設備の技術操作をするために必要な国家資格となり特にテレビ局などでは必須になる資格です。

1級と2級の違い

資格上、1級と2級に分かれており以下のような違いがあります。簡単に言うと、2級は扱える周波数と空中線電力に制限があるけど、1級はそんなの関係なく全て扱えるよって感じです!

Wikipediaより参照

種別 操作範囲
一陸技
無線設備の技術操作(アマチュア無線局の操作を除く。)
第四級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作
二陸技
次に掲げる無線設備の技術操作(アマチュア無線局の操作を除く。)

  1. 空中線電力2kW以下の無線設備(テレビジョン基幹放送局の無線設備を除く。)
  2. テレビジョン基幹放送局の空中線電力500W以下の無線設備
  3. レーダーで1.に掲げるもの以外のもの
  4. 1.及び3.以外の無線航行局の無線設備で960MHz以上の周波数の電波を使用するもの
第四級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作

持ってたら就職(転職)に有利?

かなり職がピンポイントに絞られる資格になると思います。テレビ局などに就職(転職)される場合は非常に重宝されるため有利です。でも、それ以外の仕事に就きたいと思っている人にとっては全く役に立たないため不利であると言えます。仕事に全く関係ない資格はいくら難易度が高くても意味がありませんので注意しましょう。

持ってたら資格手当はつく?

この資格を取得するのはかなりの勉強が必要となるため資格手当がつく可能性は高いと思います。ただ、会社によるとしか言いようがありません。自分が前にいた会社では特に重要視されてなかった資格だっため合格祝い金(6万円)もらっただけでした・・・。本当は資格手当が出るくらいしてもいいんじゃないかと思ったんですけどね!(プンスコ)

陸上無線技術士の資格試験

試験は平日の2日間

試験は2日間ぶっ通しで行われる試験のためかなり体力勝負ともなります。また、どの日程でも平日開催になってしまうので学生の方は学校を休むしかありません。会社員の方は有給休暇を使うしかありません。会社によっては出勤扱いにしてくれるかも?自分の会社では有給休暇扱いでした。

試験科目と日程

試験科目は全部で4教科あります。2日間の日程は以下の通りになります。

1日目

  • 無線工学の基礎(午前)
  • 法規(午後)

2日目

  • 無線工学A(午前)
  • 無線工学B(午後)

今年度(2018年度の試験日程は?)

今年度の試験日程は以下の通りです。日本無線協会のPDF(直リンク)より引用しております。

陸上無線技術士

 

出題範囲

出題範囲は、以下の通りです。

Wikipediaより引用

試験科目  詳細
無線工学の基礎 電気物理
  電気回路
  半導体及び電子菅
  電子回路
  電磁気学
法規 電波法
無線工学A 無線設備の理論及び構造
  無線設備のための測定機器の理論及び構造
  無線設備及び測定機器の保守及び運用
無線工学B 空中線系及び電波伝搬(以下「空中線系等」という。)の理論、構造及び機能
  空中線系等のための測定機器の理論、構造及び機能
  空中線系及び空中線系等のための測定機器の保守及び運用

ここらへんの科目、自分は大嫌いでした笑

解答方式

解答方式はマークシート方式です。問題文が書かれており、問題に対する解答群が用意されているためそこから解答を選ぶ形になります。記述方式だったら受けたくない!(余談ですが昔は記述方式だったとのことです。それで合格した人しゅごい。)

試験難易度(★★★★★)

試験は全部で4教科もあるので、その分覚えることが多くとても大変です。ということで難易度はかなり高いと言えます。今まで受けてきた資格試験の中では一番難しかったと自分としては言えます。

1級と2級の難易度は変わらない!

1級と2級の難易度は変わらないと言えます。自分はまず2級を先に取得してそのままの流れで1級も取得したのですが覚える内容はほぼ変わらずというか全く同じじゃん!って思える程度でした。

じゃぁ何が違うの?

出題範囲は1級と2級で変わりません。変わるのは問われる内容です。例えば2級では語句埋めが組み合わせで出題されてたため絞り込みができたのが、1級だと全て語句群の中から一つずつ選ばないといけない内容に変わっていたりします。

 

つまり、より詳細な内容を問われることになります。

2級受けるくらいなら1級受ける!

よって、1級と2級で出題範囲が同じで聞かれる内容が詳細なことか簡単なことかの違いだったら間違いなく1級を受けて合格を目指した方が楽です。2級取得したら1級も取得したくなっちゃうのでまた覚え直さないといけません!汗 自分の体験からもそう言えます。

試験の申し込み方法

試験の申し込み方法ですがインターネットを使った電子申請をおすすめします。申込書を取り寄せるのもありですが時間かかるし送料かかりますしね。さらにクレジットカードがあると振り込みの手間が省けるので尚よろしい!

インターネットでの受験申し込み期間

インターネットでの受験申し込み期間は以下の通りになります。

  • 7月期受験・・・5月1日〜20日まで
  • 1月期受験・・・11月1日〜20日まで

筆者の受験記録

  • 2011年(平成23年)1月 第2級陸上無線 不合格
  • 2011年(平成23年)7月 第2級陸上無線 不合格
  • 2012年(平成24年)1月 第2級陸上無線 不合格
  • 2014年(平成26年)1月 第2級陸上無線 2科目(無線工学の基礎・法規) 科目合格
  • 2014年(平成26年)7月 第2級陸上無線 残り2科目(無線工学A/B) 科目合格
  • 2014年(平成26年)8月 第2級陸上無線 資格取得

  • 2015年(平成27年)1月 第1級陸上無線 2科目(無線工学の基礎・法規) 科目合格
  • 2015年(平成27年)7月 第1級陸上無線 残り2科目(無線工学A/B) 科目合格
  • 2015年(平成27年)8月 第1級陸上無線 資格取得

絶対受かる独学勉強方法

ここからは肝心の絶対合格できる勉強方法について開設していきたいと思います。是非コレを見てみんなも合格してね!でも!簡単に合格できるなんて思ってはいけません。絶対条件として次のことを肝に銘じておいてください。一緒についてきて!

絶対条件

  • 絶対合格してやるという意思を持っているorこれからやる気を出そうと思っていること。
  • 3,000円+αのお金を出せる人(絶対必須な過去問集があるため)。必要投資を出せるかどうか。

B5ノートを準備

B5の白紙ノートを準備してください。ルーズリーフでも可能です。基本、殴り書きするので!

過去問題集を購入

これで絶対必須の問題集を購入しましょう。むしろこれがないと話になりません

数ある過去問集の中でなぜこれを選ぶ?

確かに、「第一級陸上無線 過去問」で検索すれば他にもたくさんの過去問題集がヒットしますがなぜこれを選んだのかを解説したいと思います。

  • 過去5年分(合計10試験分)の過去問題集が納められている。他は多くても過去四年分(合計8試験分)。
  • 解説が細かい。(法規は除く)
  • 出題状況の表がある。
  • ネット上での評判がすこぶる良かった。

自分もこの過去問題を手に入れてから合格しました!

過去問を解きまくる

過去問題集を手に入れてまず行うのはただ一つ。過去問を解いて、解いて、解きまくる!!ただこれだけ!!まじでこれだけなんですね。でもそれじゃ解説になっていないので初めて行きたいと思います。

 

試験問題は全て過去問が約95%を占めています。残りの5%は新問題になります。過去問題は数字を微妙に変えているだけで基本形態は過去問題と全く同じです。ぶっちゃけ、過去問題を完璧にこなせば95点は取れる計算になります。

 

なので単に資格を取るだけであれば本当に過去問題を完璧に解くことが大事になります。でも、この過去問題の勉強が半端なく大変でした。

私がやった勉強

私は試験が始める二ヶ月前から勉強を初めておりました。なぜ二ヶ月前かと言うとそもそも一回の試験で四科目全て合格するつもりはなく二科目ずつ合格していくつもりでしたので残り二ヶ月の時点で一科目あたり一ヶ月の時間を割り当てることにしてました。一発で全科目合格しようと思ったら4ヶ月必要になります。でも、法規に関しては1週間程度で良いと思います。

step
0
過去問を購入する

まずは過去問を手に入れなければはじまりません。

数ある過去問集の中でなぜこれを選ぶのかは、上で語った通りです。

step
1
1科目に集中する

とりあえず1科目に絞って過去問を解いていきましょう。他の科目をやっていても気が散るだけです。

step
2
過去問を見てもさっぱり理解できない。わからない。

いざ、過去問題を解き始めようとするもまず最初は絶望するでしょう。なぜなら全く解ける気がしないからです。問題を見てもまず問題が何を言っているかわからないので答えようがない状態です。それが普通です。

step
3
解説を見ながら無理やり解きまくる

まずは解説を見ながら一問ずつ過去問を解いていきましょう。正直、解説を見てもちんぷんかんぷんなのですが無理やり納得して解いていくしかありません。

 

どうしても納得したい方は一番最後に挙げている参考書を手元に起きながら解けばなんとか行けるかも。自分はそうしてました。1問解くのに4~5時間かかるとかザラです。覚えながらやるからです。

step
4
白紙の紙orルーズリーフで暗記

過去問をやっていたらわかると思いますが、公式を覚えるのは必須になります。なので、私は白紙の紙やルーズリーフの紙を用いて過去問が解説無しで解けるまでひたすら公式を書きなぐったり、回答を書きなぐって暗記していきました。

step
5
また最初の過去問に戻って解く

過去問が1試験分進むごとに過去問題集の最初のページに戻ってまた解いてください。例えば平成28年7月を解いて、平成28年1月を解き終わったらまた平成28年7月の過去問に戻って解く。平成28年7月、平成28年1月、平成27年7月を解いたらまた平成28年7月から解く。

 

という勉強法です。このように短いスパンで反復して過去問を解くことで体で覚えていきます。

step
7
間違えた問題を集中して暗記

一度、暗記したはずの計算方法や公式は忘れることもあります。忘れて間違えた場合は無視せずその場でまた白紙に書きなぐって覚え直しましょう。

step
8
過去5回分から希望が見え始める

必死になりながら1週間くらいかけて過去5回分くらい解いてくるとなんとなく、

つーぶろ
あ!これ前にやった問題だ!!(赤ペン先生風)

という問題がちら~、ほら~と出てきます。(マジです)。その感覚が出てきたら後少しなのです。

step
9
過去8回分やったらほぼ全網羅

過去8回分あたりまでやればその問題の殆どが過去問で見かけた問題に間違いなくなります。解き方は全く同じで数値が変わっているだけなので簡単やん!って感じです!

step
10
過去10回分でマスター

つーぶろ

過去10回分まで行く頃には合格ラインの半分以上はとれるようになっているのではないでしょうか。遠回りせずに勉強することが大事です。

step
11
改めて過去問を繰り返し解く

あとは試験まで期間がある限り体に計算方法や公式を定着させるために過去問題を繰り返し解くようにしてください。忘れることを防止しましょう。

法規の勉強方法

法規の勉強方法は同じで過去問題集を解きまくることで覚えます。計算問題がなく、問われる内容も変わらないため法規の勉強には1週間程度を割けば十分合格できます。私は2日で暗記できました!

役に立つ参考書

いくら過去問だけ買っても解説をみてもちんぷんかんぷんだと思います。そんな時は参考書を見てなんとか答えにたどり着きました。使っていた参考書を紹介します。簡単ではなくかつ難しい内容だったのですんなりと頭に入ってきました。過去問の解説が難しいので参考書はこの程度がちょうどよいと思いました。シリーズ物なので4科目分購入しようとしましたが、法規は過去問だけで十分なので法規以外を買えばよいでしょう。

モチベーション上げる方法

勉強方法を解説したのですがこれをやるにはかなりのモチベーションが必要と私は考えます。また、誘惑が多いです。スマホやパソコンを持ってたら手がついつい伸びてサボってしまいます。なので私なりのモチベーションの上げ方を教えたいと思います。

Twitterで陸上無線で検索する

Twitterで「陸上無線」で検索すると同じように勉強している人を見つけることができると思います。私は話しかけこそしなかったのですが、同じように陸上無線という超難関の資格に挑戦してる人は私だけじゃないんだって思えてがんばろうと思うことができました。

2chの資格カテゴリーを検索する

2chの資格カテゴリーで陸上無線のスレッドがあったのでそこを覗いて勉強している人同士が話してるのを見てモチベーションアップしていました。試験が終わった後はみんなで自己採点を出し合っていてなかなか面白いですよ。試験前になると活発になります。

【一陸技】陸上無線技術士 part30【二陸技】

ネットを完全断絶して勉強する

これが私が一番効果があったやり方でした。スマホを自宅においたままカフェやファミレスで勉強することです。いうなれば「ネットを完全断絶して勉強する」ということです。LINEやスマホゲーム、ネットの記事とか見ていても一切勉強は覚えることができません。それならいっその事ネットが使えない環境に行ってしまおう!ということです。

 

これは効果大でカフェやファミレスに行くと結構試験勉強している人がいるんですよね。なので自分も自然と勉強に熱が入り21時~1時とか平気で4,5時間勉強することができました。フリードリンクのあるところだとなおよろしいです。混んでいる時に行くのはやめましょう。

勉強方法まとめ

過去問題集を買う

過去問題集を解きまくる(反復して)

ネットの断絶された環境で試験勉強

合格発表は約一ヶ月後

合格発表は試験から約一ヶ月後になります。

気長に待ちましょう。https://twitter.com/paina/status/1025592905530896384?s=09

まとめ

ということで今回は第1級2級陸上無線技術士に合格する方法についてまとめさせていただきました!自分が当時勉強してた時に過去問のサイトや語呂合わせのサイトはあったんですが、合格記録まとめのようなちゃんとまとめたサイトってあまり見かけないなと思って今回記事にまとめてみました。

 

よかったらこの記事を見てモチベーションアップして試験合格してくれる人がいると嬉しいな!
つーぶろ

↓絶対必要な過去問題集↓

-転職
-, , ,

Copyright© OKIRAKU LIFE.com , 2018 All Rights Reserved.