裏ワザ

ジモティーで原付きバイクを個人売買したら2万5000円も得した話。

投稿日:2018-01-29 更新日:

つーぶろ
みなさんこんにちは!つーぶろっくです!

 

この度、沖縄移住を終了して内地に戻るために引越し準備をせっせとしているところです。

もう明後日の夜には沖縄を発ちます。大型家具や大型家電はお得意のジモティーを使って売却もしくは0円出品でお譲りしたので部屋は片付いたのですが、一つ大きなものを忘れていました。

それがこちら。

そう、原付バイクです!沖縄移住にするにあたっては車、バイクなどの移動手段は絶対に欠かせません。

自分も10月にひめゆり通りにあるマック前のビックというお店でバイクを購入しました。

沖縄に住んでいる間は活躍したのですが、内地に戻るにあたって売却することにしたのですが、

原付バイクを売却するに伴い色々勉強することがあったので記事にしたいと思います。

こちらもどうぞ

原付バイクをジモティーで個人売買したら2万5000円も得した話

一言にバイクを売却すると言っても原付バイク、それ以外のバイクで方法が変わってきます。

この記事では僕が体験した原付バイクの売却のみにフォーカスをあててお話したいと思います。

原付バイクを売却する方法

原付バイクを売却する方法は以下の2通り存在します。

・バイクショップに買い取りをお願いする方法(手間:かからない、売却費用:安い)

・ヤフオクやメルカリ、ジモティーを利用して個人売買する方法(手間:かかる、売却費用:高い)

この2つの方法は手間と売却費用がお互いトレードオフになっています。

今回は個人売買を行ったのですが、一応バイクショップに相談して見積もりを出してもらったのでまずはそちらから。。

 

バイクショップに買取見積もりを出してみた

実際にバイクショップに電話をして見積もりを出してもらいます。

バイクを買ったお店に電話

まずは、バイクを買ったお店に電話してみました。こちらは那覇市のひめゆり通りマックの道路前にある「ビック」というバイクショップになります。4ヶ月前に購入したばかりですがその時は諸費用も含めて6万円で購入しました。割りと破格の値段。

電話したときの状況です。

はい!ビックです!
つーぶろ
あの!原付バイクを売りたいんですけど!
あーー。。うちは原付バイクは全部が全部買い取りしているわけじゃないんだよねー。

一気にトーンダウン。。怪しい雰囲気。

つーぶろ
あの!そちらで買ったバイクなんですけど買い取りできないんですか!?
・・・一応持ってきてよ。

わかりましたー。ガチャ。

えーー。なんですかそのトーンダウン加減。。このお店は店頭に5~8万くらいの手頃な値段で買えるバイクが並べられていて買い取りも行います!って書いてあるのに。。

バイク王に電話

ちょいとあまりにも対応が悪かったので、ネットで検査してバイク王に電話してみました。(バイクを売るならバイク王~♪バイク王~♪)です。

はい!バイク王です!
つーぶろ
あの!原付バイクを売りたいんですけど!
はい!それではバイクの車種を教えてください。
つーぶろ
はい!XXXです!
あーー。。。。それですが。。。そちらはこちらでは買い取りを行っていない車種になっておりまして逆にお客様の方からリユース費用として5000円をいただくことになってしまいます。。
つーぶろ
え。。

なんということでしょう!売ろうと思ったら逆にお金を5000円請求されました。とんでもない!

この時点で僕は原付きバイクをショップで売ることを諦めて個人売買する方針に切り替えました。

 

助けてジモティー!

はい、僕が今回この引越で家具家電を売りさばいたジモティーの出番です。

家具家電関係は特に取引に手続きが必要なかったので躊躇なく行けたのですが、原付バイクとなるとちょいと市役所行ったりして書類とか取引相手にその書類を渡してとか面倒くさいことこの上ないと感じていたので躊躇してたんですよね。。

でも、バイクがショップで売れないなら仕方ない、勉強して取引するしかありません。ジモティーで売った流れをお話します。

 

ジモティーに出品

何はともあれジモティーにまず出品しないと話は始まりません。

6万でバイクを買ったのですが、2万で出品。ショップに行ってマイナス5000円よりはマシだ!

沢山のメールが届くので取引相手を選ぶ。重要。

2万で出して30分足らずで沢山のメールが届きました。沢山というのは6名ほどの方からです。流石に個人売買を行うためトラブルを避けたいため取引相手を慎重に選びます。最初のメールの感じやその人の評価の具合から一人を選びました。

取引相手を選ぶ基準

取引相手を選ぶ基準は以下のとおりです。

ジモティーのメール内での挨拶や話がちゃんとできるかどうか?

ジモティーでのやり取りメールで挨拶もなくいきなり価格交渉をしてきたり、一言メッセージだったり意思疎通ができない人は取引相手に選ばないようにしましょう。

ジモティー内の評価が高いかどうか?

もちろんやり取りメールで問題なくても評価0の人とはなるべく取引しないほうが良いです。そもそもジモティーの使い方すら知らない可能性もあります。

今回取引した方は評価60近くも有りメールのやり取りでもバイク個人売買について調べて教えていただいたりしたのでこの人と取引すれば問題ないと判断しました。

神様のような取引相手

今回は取引相手の方が神様のような方で、取引相手の家までバイクで行ってバイクを置き、取引相手の車に乗せてもらって市役所へ行って手続き、手続き後に僕の家まで送ってくれる。ということでマジで感謝この上ない親切な方でした。車の中でもお互いの身の上話したりして、気まずい雰囲気になることもなくとても素晴らしい方でした。

 

同じ市内に住む人でバイクの名義変更を行うことにした

バイクの個人売買には色々あるのですが、今回はジモティーという地元の人と実際に会って取引できるという特性を活かして僕と取引相手の方と一緒に市役所へ行って名義変更を行うことにしました。今回は同じ那覇市に住んでいる人との個人売買で名義変更をする場合です。市外の人と行う場合はまた変わってくるのでこの記事はあまり参考にならないと思います。

 

取引相手と一緒に名義変更行うメリット、デメリット

メリット

・手続きが10分程度で終わる

・自賠責もその手続で一緒に名義変更できる

デメリット

・お互い時間の都合を合わせるのが大変(今回はジモティーに出品した次の日にお互い時間があったので朝一で取引できました)

 

市役所へ持っていくもの

バイクを売る側

・印鑑

・標識交付証明書

・自賠責の書類

バイクを買う側

・印鑑

・身分証明書

これだけで良いのです。ナンバープレートも必要ありません。

 

市役所でのやりとり

つーぶろ
あの!原付バイクの名義変更を行いたいんですけど。
はい!それではこの1枚の書類に記入してください。見本があるのでオレンジにマーカーしてあるところだけ記入すればOKです。

書類を見たのですが、普通に売る側、買う側の情報とバイクの情報、自賠責の情報を書くだけになります。なにこれめっちゃ簡単。

つーぶろ
はい!記入しました!
はい!それでは情報を確認して登録するのでしばらくお待ち下さい。

5分後・・・

はい!こちらで完了いたしました。ありがとうございました。

はやっ!もう終わった!

手続きにかかった時間は15分

市役所に到着してものの15分で名義変更が完了しました。

 

手続きにかかった費用は0円

市役所で手続きにかかる費用は0円です。

 

取引完了、2万5000円儲かった。

取引相手の方とは家まで送ってもらってお金2万円をもらい取引を完了することができました。

めちゃくちゃ高い値段で売れました。。

バイクショップで売る場合とジモティーで個人売買した場合以下のような結果になりました。

・バイクショップで売った場合:-5000円

・ジモティーで個人売買した場合:20,000円

その差額、2万5000円分は得したことになります。

あー!ショップで売らなくて、よかった!

個人売買を通して感じたこと。

ジモティーで実際にバイク個人売買の取引して感じたことは

・思ったよりも高く売れること。

・思ったよりも手続きは簡単だった。

でした!というか、バイクショップがあんなに拒否する態度を取ったのはこのような手続きをしても高い値段で売れないからなのかな?

 

まとめ

以下の通りになります。

・原付バイクを手間を惜しまず少しでも高い値段で売りたいなら個人売買が高い。

・取引相手には必ず信頼できる人を選ぶことが大事。

の2点になりますかね!特にお金がなくて困っている人は本当におすすめです。

是非!バイク個人売買やってみてください!一度経験すると仕組みがわかって楽ですよ!

 

バイクを売るならジモティー♪ジモティー♪

-裏ワザ
-, , ,

Copyright© OKIRAKU LIFE.com , 2018 All Rights Reserved.