ガジェットレポ

【正直レビュー】楽天モバイルを1年間使ってみた感想。メインでは厳しい。

2021-04-19

はじめに

この記事を読むことで以下のことがわかります。

  • 楽天モバイルを1年間使った感想覚書
【正直レビュー】楽天モバイルを1年間使ってみた感想。メインでは厳しい。
つぶろ
こんにちは!つぶろ@リーマンブロガーです!

今回は1年間、楽天モバイルを使ってみた感想を述べてみたいと思います。

2021年4月時点での感想です。辛口ですが今後のエリア拡大によっては状況は変わってくるハズ!

良かった所(メリット)

1年間使ってみてよかったところを挙げます。ぶっちゃけコスパ的な面が多いですね。

料金が安い

3278円(税込)で使い放題は破格。

他者が20GBプランという上限で同額プランを出す中、使い放題で電話代金も楽天リンク経由だと無料という圧倒的な安さを誇っています。

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT 【正直レビュー】楽天モバイルを1年間使ってみた感想。メインでは厳しい。ahamopovoLINEMO
3278円(税込)2,970円(税込)2,728円(税込)+5分通話かけ放題トッピング550円(税込)2,728円(税込)+5分通話かけ放題トッピング550円(税込)
ギガ数制限なし、通話放題(楽天リンク経由のみ)20GB制限、5分間通話無料20GB制限、5分間通話無料20GB制限、5分間通話無料

料金設定がわかりやすい(使い放題前提)

使い放題前提で考えると非常にわかりやすい料金設定です。

ポッキリ3300円であると考えておけばよいでしょう。

楽天市場での買い物ポイントが+1倍アップ

楽天モバイルを契約してると楽天市場の買い物の楽天ポイント付与率が+1倍アップになる。

嬉しい点だ。

悪かった所(デメリット)

エリアが狭い

楽天モバイルのエリアはまだまだ狭いと感じます。

例え楽天モバイル公式ページで示すエリア内にあったとしてもパートナー回線に繋がってしまいます。

パートナー回線は5GBまでしか高速通信できないためそちらが急速に消費されていまいます。

5GB消費したあとは1Mbpsの速度まで低下してしまいます。

>> 【正直レビュー】楽天モバイルを1年間使ってみた感想。メインでは厳しい。Rakuten UN-LIMIT提供エリア確認マップ 【正直レビュー】楽天モバイルを1年間使ってみた感想。メインでは厳しい。

従量課金制

楽天モバイルは珍しく従量課金制をとっています。

使い放題前提で使用する場合は料金設定は単純です。

しかし、ギガ数節約を考えると途端に複雑になってしまいます。

複雑というか考えるのが面倒くさくなってしまう。

ストレスフリーで使いたい場合は欠点ですね。

>> 【正直レビュー】楽天モバイルを1年間使ってみた感想。メインでは厳しい。Rakuten UN-LIMIT提供エリア確認マップ 【正直レビュー】楽天モバイルを1年間使ってみた感想。メインでは厳しい。

データ利用量1回線目
0GB~1GB

無料(0円) ※1

1GB超過後~3GB 980円
(税込1,078円)
3GB超過後~20GB 1,980円
(税込2,178円)
20GB超過後~無制限
楽天回線エリア外は最大
1Mbpsで使い放題
2,980円
(税込3,278円)

また、1GB以内で使用すると無料は大きい。

(改悪)低速モードでも関係なくギガ数カウント対象

これが2021年4月1日から変わった点。

これまでギガ数を抑えたい場合は低速モードにしておけば低速モードになる代わりにギガ数としてカウントされなかった。

しかし、このルールは改悪され低速モードであってもギガ数としてカウントされてしまう。

Twitterを見てるとこのルールを知らずに低速モード運用すれば大丈夫!という人もいる。

要注意だ。

実はこのルール変更が一番の改悪ポイントだと思っている。

だって1GB超えたら課金されてしまう。3GBを超えると約1000円→約2000円まで料金が増えてしまうのだ。

低速関係なしにカウントされるため「3GB超えそうだから低速にしておこう!」っていう運用ができなくなったのだ。

由々しき事態です。もはや使っている意味がない、、自分はiPhone11で楽天モバイルはサブ回線としてeSIM運用している。

しかし本ルールのため楽天モバイルでの通信はiPhone設定としてオフにしている。

【正直レビュー】楽天モバイルを1年間使ってみた感想。メインでは厳しい。
つぶろ
楽天モバイル契約している意味!

楽天リンクの通話品質悪すぎ

楽天リンク経由で電話すると通話料無料という大きな特典がある。

仕組みとしては他者MVNOの通話専用アプリのようにプレフィックス番号を付与することで料金を下げる仕組みである。

楽天リンクは料金を下げるどころが無料にしている。

これはコスパを考えると非常に良いが、何分通話品質が以下の点でよろしくない。

  • 音質悪い(こもった音)
  • 遅延する(スムーズな会話ができない)

という悲しいコンボ。安かろう悪かろうの典型だと思います。(これからに改善だ)

結局、通常の電話アプリで通話して20円/30秒の料金を払うことになることが多いと思う。

ただポイントとしては通話を普段全くしない人にとっては関係ない所。

うまく生かしていくしかない。

メイン回線で使えるのか?→No

結局メイン回線で使えるのか?と聞かれると1年間使った僕からするとNoだ

品質が悪いとストレスが溜まってしまい結果的にコスパが悪くなるという考え。

あくまで楽天市場のポイントアップが目的。

楽天モバイルのエリアは急速に拡大しており実家にある両親宅にも楽天モバイルのアンテナが設置されることになった。

今はまだまだサービス拡大中で使いにくい部分もあるかと思う。

楽天モバイルも負けじと頑張っているので今後に期待したいと思う。

2,3年後に評判が良くなっているならまたその時に契約を考えてみたいと思う。

そんな中、実家の両親宅に楽天モバイルのアンテナが設置されることになりました。

ただ、お試しは完全無料で可能

ただ、自分の移動範囲内が問題なく使用できるか?については実際に使ってみることをおすすめする。

なぜなら楽天モバイルは完全無料でお試し可能だからだ。

新規契約料金も事務手数料も無料、そして3ヶ月間の月額使用料も無料だからだ。

【正直レビュー】楽天モバイルを1年間使ってみた感想。メインでは厳しい。>>楽天モバイル完全無料契約プランを見る

僕は日本通信を選ぶ

最後に僕がおすすめして使ってる日本通信の記事リンクを貼っておきます。

税込2200円で20GB、70分通話無料、通話専用アプリ必要なしという神プランです。

-ガジェットレポ
-, ,

© 2021 OKIRAKU LIFE.com