YouTube

YouTube投稿の動画を作るのにかかる時間は約6時間?工程をまとめてみた。

投稿日:2019-10-01 更新日:

つーぶろ
こんにちは!つーぶろっく(@okirakulife2blo)です!

先日、YouTube動画投稿の継続が辛いという記事をあげさせていただきました。

動画投稿が辛い理由の一つに

つーぶろ
編集に時間がかかる!

という理由をあげさせていただきました。

今回は僕の動画編集にどれだけ時間がかかっているかをまとめたいと思います。

YouTube動画編集の工程と時間まとめ

例えば、WDW旅行へ行ったときのホテルの食べ物動画を参考に時間をまとめていきたいと思います。

動画撮影(30分程度)

僕のチャンネルで出している動画は基本旅行動画。

旅行中にありのままを撮影。

オリジナル動画ではだいたい30分ほどの撮影となっておりました。

ここから必要分を削って行くのが編集です。

旅行を楽しみながらの撮影なので正直時間にカウントしなくて良いと思っています。

つーぶろ
テキトーに撮影していると編集の工程で痛い目に・・・

撮影にはスタビライザーを使います。

手ブレを全て吸収、充電しながら撮影できるスタビライザーです。

動画をPCへ取り込み(10分)

基本、iPhoneで撮影しているのでパソコンへ取り込む作業があります。

iPhoneとPCをUSBケーブルで繋いでコピーです。

動画の容量が多ければ多いほど時間がかかります。

つーぶろ
10分程度で終了

動画の選定&カット(90分)

たっぷり撮影した動画の中から使えそうな動画を選定とカットしていきます。

動画の中で使えそうな部分と使える部分を分ける工程です。

ここが一番難しい。

なぜかと言うと、動画の選定とカットを行うためには動画を見ないと行けない=撮影した時間分の時間がかかってしまいます。

大体、撮影の2~3倍位の時間がかかります。

戻って見直したりするためです。やっぱりあの素材が必要!となったりしますよね。

動画の撮影段階で編集のことを気にせずに大雑把に撮影しているとこの工程で痛い目を見ます。

つーぶろ
編集時のことを考えて撮影するべきだと思います。

使用しているソフトウェアはCyberLink社の「PowerDirector」

使っているソフトはこちら。

画像の差し込み(60分)

動画の中で使うのは動画だけとは限りません。

静止画も挿入することがあります。

特に今回の動画ではレシートの画像を挿入しています。

細々したネタを入れ込むのも時間はかかります。

たまには画像編集も必要になったり。

テロップ挿入(120分)

動画の選定&カットが終わったら今度は整理された動画内容に合わせてテロップを挿入していきます。

ここも大変。

なぜなら動画を何度も見直しながらテロップの内容を考えて入れる作業があるから時間がかかります。

2~4倍以上の時間はかかります。

文章を考えるのも前後の内容を考えながら書かないといけないので大変です。

つーぶろ
ここで心が折れそうになる

音声収録(10分)

この動画では動画のオープニングとエンディングに自分の声をマイクで収録しています。

出来上がった動画にさらっといれるだけなのでそれほど時間はかからない。

10分程度で終了。

つーぶろ
僕が使っているマイク機材をおいておきますね!

BGM挿入(30分)

一通りの動画の流れが完成したらシーンに合わせてBGMを挿入していきます。

なかなか映像に一致するBGMがないと時間がかかります。

つーぶろ
30分もあれば終わります。

動画出力(6時間。自動のためカウントしない。)

一通り作業終了した際の編集画面は以下の通りごっちゃごちゃです。

とびきり時間がかかるやつですが、動画出力は自動なので寝る前にぽちっと出力ボタンを押すだけ。

そのため、カウントはしません。

動画チェック(10分)

10分動画が出力されたら一通り確認してチェックします。

一回だけなので10分。ここで手直しが発生することもあります。

つーぶろ
編集ミスが発覚すると修正せざるを得ない

YouTubeサムネ作り(30分)

サムネづくりは本当に大事。

検索した時に目は基本的にサムネを見た後にタイトルを追っているのでサムネづくりをちゃんとしておかないとそもそもクリックされません。

目立って且つセンスよく作成します。

ここだけでも画像の選定、加工、文字入れの工程があります。

つーぶろ
サムネづくりだけに30分とか余裕でかかる

YouTube投稿(20分)

ここまできてようやくYouTube投稿です。

完成した動画をアップロードしながら

  • 動画のタイトル
  • 動画の概要説明
  • サムネイルアップロード
  • タグ入れ
  • 投稿日設定

の入力が発生します。

動画の概要欄は見てくれる人がいるのかなー?とか疑問に思ってたりします。

でも自分も他の動画見たりする時に概要欄はぽちっとやりますね。

つーぶろ
丁寧に記入しておこう。慣れたら20分くらいで終わります

YouTube動画を1つ作るのに必要な時間を計算してみた

以上がYouTubeの工程となります。

それぞれをぱぱっと箇条書きにすると以下のような工程になっていました。

  1. 動画撮影(30分)
  2. 動画をPCへ取り込み(10分)
  3. 動画の選定&カット(90分)
  4. 画像の差し込み(60分)
  5. テロップ挿入(120分)
  6. 音声収録(10分)
  7. BGM挿入(30分)
  8. 動画出力(6時間。自動のためカウントしない。)
  9. 動画チェック(10分)
  10. YouTubeサムネ作り(30分)
  11. YouTube投稿(20分)
つーぶろ
ほんと、ざっと見ただけでも相当な時間がかかる

全動画投稿の総合計時間は?

総合計時間を計算すると、410分(約6時間)。

まだ編集慣れしていないこともありますがこれをサラリーマンをやりながら空き時間をみつけて継続していくことは大変なことでございます。

つーぶろ
毎日1時間やっても6日かかる。

ブログだと1時間~2時間

ブログだと1時間~2時間でさくっと1記事かけると思うと、動画編集は重いです。

数ヶ月続けているともう嫌になってきます。

毎日投稿しているYouTuberは気が狂っている

1つだけの動画を作るのに僕の場合は6時間もかかっている。

それで四苦八苦言っている。

でも、大物YouTuberは毎日投稿、しかも高クオリティなのは一定です。

外注しているんだとは思いますがその財力があるというのも一つのスキルですね。

毎日投稿で高品質な動画をアップし続けようと思ったらとてもじゃないけど睡眠時間が足りない。

編集して良くしようと思えばいくらでも時間がかかる。

編集しようと思えばいくらでも良くなります。

でも、その限度がないのが動画製作。

自分である程度のラインを決めておかないと果てしなく製作できてしまうのも動画製作。

YouTube動画投稿は継続が大事

それでもチャンネル登録者数を少しずつ増やしていくために継続が大事なんです。

今はまだ1000人台でイマイチ、伸びが悪いと思っていても頑張っていればチャンネル登録者数が増えるだけでなく、編集スキルが身につくというメリットもあります。

つーぶろ
これからも頑張っていくぜ!

-YouTube
-, ,

Copyright© OKIRAKU LIFE.com , 2019 All Rights Reserved.