雑記

【イッテQ】安室ちゃんとイモトがついに出会った。想いをまとめてみた。

投稿日:2018-07-30 更新日:

つーぶろ
こんにちは!つーぶろっくです!

2018年7月29日(日)に放送されたイッテQの企画でイモトアヤコ(以降、イモトと略します。)安室奈美恵(以降、安室ちゃんと略します。)の感動的なツーショットが実現しました。

その時、涙が出てしまったのでこの想いをまとめたいと思います。

二人の会話はこちらのキリンと魚さんに任せたいと思います。

安室奈美恵役です。よろしくお願いします。
イモトアヤコ役です。よろしくお願いします。

自分は安室ちゃんのライトファン

予め断っておきます。自分は安室ちゃんライトファンです。ファンなんて名乗れない、でも大好きである。

自分が小学校の頃に安室ちゃんは小室哲哉プロデュースで大活躍をしていました。その後、小室哲哉プロデュースを離れ、ヒップポップなるジャンルを開拓して活動していることも知っていました。

これまでの人生の中で2度ほど、安室ちゃんの曲がマイブームになったこともあって嫌いではなく好きな程度でした。

ライブに行くわけでもなくテレビ出演をチェックするわけでもなくいわゆるライトファンといったところでした。

引退宣言直前の沖縄凱旋ライブ

自分が沖縄に移住したのが2017年9月。

移住してきてバタバタしてちょうど落ち着いた頃に沖縄で安室ちゃんのコンサートが行われました。

空港や沖縄市内はみんな安室ちゃんのライブに行く人達でごった返してたのを覚えています。

道路もライブ会場に向かう車で大渋滞。そこで初めて安室ちゃんのライブに行く人達ってたくさんいるんだと驚いた覚えがあります。

(このときも直前で台風が来て開催されるかどうかわからなかったらしいですね。開催できてよかった。)

引退宣言

沖縄凱旋ライブが終わって数日もしないうちでの安室ちゃん自身による引退宣言がでました。

えっ、この前沖縄凱旋ライブにきてたのに。。
つーぶろ

とかなり驚いた覚えがあります。正直今でも信じられない。

引退を聞いたイモトは号泣

 

その後のイッテQでは案の定、イモトが大号泣

今までイッテQで安室ちゃんを応援して、叫んできた姿を見てきただけに心苦しかったです。

2018年9月16日以降は頑張れそう?
分からん!!

でも、たくさんの安室ちゃんファン、イモトファンは望んだのではないでしょうか?

引退前にイモトには安室ちゃんに会ってほしい。って。

まさかそれが叶う日が来るなんて。。

予告に安室ちゃんの姿。

引退がいよいよ近づいた2018年7月15日。

それはイッテQの予告でした。普通にテレビを見ていてイモトが相変わらず

安室ちゃぁぁぁあああああああああああん

と叫んでいたのですが、その瞬間

っはは!!笑

そこに大爆笑する安室ちゃんがいたのです。

もちろん、なにか別の映像を持ってきたのではなく明らかにイッテQの出演者としての映像

この瞬間、多くの安室ちゃんファン、イモトファンの胸を打ったのは明らかだと思います。

その後、7月22日の放送でもより詳しい予告が方法されました。

Twitterでも沢山の人が悲鳴をあげていました。

Twitterの反応

https://twitter.com/CRAZYFIVESTAR_/status/1021215704970743809

https://twitter.com/uta408/status/1021032826660007937

ライトファンでも熱くなるものを感じた

正直、ライトファンである自分ですらこの予告だけで熱くなるものを感じました

だって、あんなに安室ちゃんが大好きで大好きでたまらないイモトがついに安室ちゃんに会えるんです。

この世紀の大瞬間を自分も見てみたい。そう思い2018年7月29日はテレビの前でがっつり張り付いていました。

イッテQ放送内容(ネタバレあり)

この日のイッテQは冒頭からいきなりイモトの企画から始まり丸々1時間放送されます。

ゴールは安室ちゃんと2ショット

台湾で安室ちゃんのファイナルライブが2日間で行われるとのことで最後のライブにかけつけたイモトがそこにいました。

ここで企画内容を知らされます。

安室ちゃんと2ショットを撮ろう
無理!最後の最後で嫌われたくない!

いつもは大声で安室ちゃんの名前を叫んでいるのにここにきて尻すぼみ。、

まずは台湾を軽く観光した後(コスプレとかして)に松山空港で安室ちゃんの到着を出待ちします。

そこには沢山の安室ちゃんファンがいました。みんなイモトのことを知っておりそれはそれでファンのみんなも大興奮。

安室ちゃんが到着したのですが取材カメラや周りのファンがすごすぎて結局気づいてもらえず。

でも、遠くのカメラからみると安室ちゃんとイモトが同じシーンに収まっていることが分かりました。

2ショット失敗。

安室ちゃんチケットチャレンジ1

ここでおなじみ安室ちゃんチケットチャレンジが行われました。

台湾のYouTuberとチケット争奪戦。チケットは取れたのだが優しい台湾YouTuberの気遣いがスタッフにバレて再対決→負け

安室ちゃぁぁぁあああああああああああん(大号泣)
リハーサルやってるけど出待ち行く?
行く。(真顔)

本当、全力のイモトが好き

台北アリーナで出待ち

台北アリーナでコンサートのリハーサルが行われているのでそこで音漏れを聞くイモト。

ずっとここにいたい。

気持ちはわかります笑

そして肝心の2ショットを実現するため出待ちをしようとするも。

最後の最後で安室ちゃんに嫌われたくないからダメダメ!

ということで出待ち中止。これ、ファンの鑑だと思いません?

安室ちゃんチケットチャレンジ2

台北アリーナの前でチケットチャレンジ

スクール水着でコンクリートで足を数メートル引っ張るやつです。

ぎゃあああああああ!!!いたいたいいたいいたい!!

おしりが大根おろしみたいに擦られるのですごく、痛そう。

でも、彼女は頑張った。見事にチケットをゲット。本当良かったね。

ライブ参戦

ライブ2日目にライブに参戦です。

行ってきます!

ガッチリと安室ちゃんグッズで身を固めた彼女は存分に最後のライブを楽しんだようです。

ライブでは号泣していました。

ヘビ料理店でロケ(どっきり)

なぜかヘビ料理屋さんでグルメロケ。そして、ここは安室ちゃんとの2ショットが実現する場所なのです。

イモトが入店する直前に安室ちゃんが入店します。

ヘビが苦手なイモトは

へびいいいいいいいい!!!ぎゃあああああああ!

全力でロケをします。安室ちゃんも別室でその様子を見ており大爆笑

ココがポイント

安室ちゃんはこんなのが大好き。

安室ちゃんドッキリ

一通りヘビ料理を食べたイモトに対して、安室ちゃんがお茶を差し出すというドッキリを仕掛けます。

イモトの背後から近づく安室ちゃん。

しかし、ここでイモトが安室ちゃん語りを始めたためお茶を差し出すタイミングを失った安室ちゃん。

安室ちゃんは必死にスタッフに向けて

行っちゃっていいですか?

とジェスチャーするも、目線が安室ちゃんに行ったらドッキリがイモトにバレるとのことで合図を出せない。

およそ1分間安室ちゃんはイモトの後ろで放置されていました笑

 

意を決してお茶を差し出す安室ちゃん。

きゃあああああああああ!・・・えっ!?
はじめまして、安室奈美恵です。(ペコリ)

イモト驚きすぎ、そして安室ちゃん冷静過ぎるw

でも、この瞬間、自分は泣いてしまいました。

ついに、ついに憧れの安室ちゃんにイモトが会えたのですから。一体誰がこの瞬間を想像できたでしょうか。

それが今目の前で実現できている。その事実にただ、涙が溢れるだけでした。

場所を変えて改めて「イモトの部屋」

CMを挟んで、ドッキリの場から改めて二人きりの場が設けられました。

本当、この二人のツーショットは感動的。緊張でドキドキのイモト。こっちまで緊張してくる。

だってその気持が痛いくらいにわかるんだから。

質問コーナーでの二人のやり取り。

なんでこのイッテQに出演したのですか!?
前々から見ていてすごく応援してもらったからお礼が言いたかったんです。

この言葉だけでもイモトは嬉しくてたまらないはず。これまでの放送も沢山見てくれていたそうです。

好きな食べ物はなんですか?
肉です。フルーツとかあまり食べない。
焼肉好きですか!?玄米とかじゃなくて白ごはん食べますか!?
焼き肉好きです。白ごはん、好きです。
休日は何をしていますか?
基本何もしない、ゴロゴロ・・・。

普通の会話が続く。無理もない、だって憧れの人が前にいるんだもん。

何聞いていいかわかんらんです笑

これまでの人生で大切にしていることはなんですか?
一度決めたら諦めないこと。ぶれないこと。
私、ブレブレです。。
いいえ、イモトさんはちゃんとしてるじゃないですか!

まさかの安室ちゃんから「ちゃんとしてる」のお言葉。

これまでの安室ちゃんまとめVTR視聴

ここで二人に対してこれまでイッテQでの安室ちゃん企画をまとめたVTRを視聴します。

  • 初めて安室ちゃんファンであることを宣言した時
  • 沢山の安室ちゃんネタ
  • 安室ちゃんチケットチャレンジ
  • 引退を聞いたときのイモト

引退を聞いたときのイモトを見てたときに安室ちゃんは大粒の涙をたくさん流します。

スタッフからティッシュをもらって涙を拭いています。

そんな姿を見たイモトがどうしていいか分からず見ていることしかできない感じがなんとも言えない。

なんか、すいません。。
いいえ、大丈夫です。本当ありがとうございます。泣いてしまいました。

よかったね、イモト。安室ちゃんにちゃんと伝わってますね。

イモトからのお礼の言葉

 

ここでイモトから安室ちゃんに対してお礼の言葉が伝えられました。

小学校5年生のときに出会ってからずっと20年間ずっと好き。そこだけはずっと変わらずブレない。
ありがとうございます。
安室さんに出会って私の人生は楽しく、素晴らしく、美しいものになってます。9/16まで全身全霊でアーティスト安室奈美恵を応援します。そのあともずっとずっとずっとずうううっっと!大好きです。
ありがとうございます。
本当に25年間ありがとうございます。

もうこのイモトのメッセージを聞いただけで涙腺崩壊です。愛が沢山伝わってくる。

そして次でやられました。

安室ちゃん「イモトさんなら大丈夫」

さっきのVTRでも聞いたけど、2018年9月16日以降、イモトは大丈夫そうですか?
っ!!・・・・・。

言葉がでなくなるイモト。そりゃそうです。大好きな存在がいなくなっちゃうのですから。

本当にそんなことないっていいたいはずです。

でも、そこでまさか、安室ちゃんが口をはさんできました。

きっと大丈夫です。イモトさんなら大丈夫です。
っ!!もう、その言葉だけで。。

まさかの安室ちゃんから「大丈夫」という言葉をもらい思わず手を肘掛けにおいてしまったイモト。

かなり動揺してますね。ここでも泣いてしまった。

安室ちゃんからイモトへのメッセージ

今までも、今も、そしてこれからもずっとイモトさんはイモトさんらしくいてください。皆に元気を与えるイモトさんであってください。そして、何より体調には気をつけてください。

自分らしくあってほしいという安室ちゃんの言葉。そして体を気遣う言葉に彼女なりの思いやりが詰まっています。

2ショット撮影

最後にスマホで2ショット撮影をしました。

これがこの企画の目的でゴールでした。本当にここまでこれてよかったねイモト。

私もイモトさんとの2ショット撮りたいです。写真展で飾りたいです。

そして、安室ちゃんの写真展で使う2ショットを撮影したとのことです。

特大サイズで飾ると安室ちゃんは言ってました。これは是非見てみたい。

 

ここでイッテQは終わりました。本当、イモトよかったね。

視聴率は?Twitterの反応。

この日のイッテQの視聴率は…平均視聴率は21.5%。最高視聴率は24.9%でした。

最高視聴率のところはずばり、「安室ちゃんとイモトが会ったところ」です。

感動的でしたよね。自分も涙が溢れていました。Twitterでもそんな反応が多かったです。

https://twitter.com/msma7tmtn23/status/1023547823487209473

https://twitter.com/stooooormn_589/status/1023531791695589378

半端ないですね。この日は、台風で延期された隅田川花火大会も裏番組で行われていたのですがそれを物ともしない高視聴率です。

自分も隅田川花火大会があるってことを忘れるくらいのインパクトでした。

イッテQを見ての感想

イッテQの企画で珍獣ハンターと呼ばれた時、危険な山を登る時、安室ちゃんのチケットチャレンジの時、どんな辛いことがあっても安室ちゃんのためを思ってこれまで頑張ってきたイモト

いつか自分自身が挫けそうになったときはこのときのイモトを思い出せばまた頑張っていけるような気がします。

安室ちゃんにもありがとうなんですが、自分はここまで頑張ってきたイモトに一番のありがとうを伝えたいと思います。

これから一段とパワーアップした珍獣ハンターイモト。活躍を期待しています!

その努力が報われた瞬間は本当に、イモトよかったね、イモトおめでとうって心から思えました。

その姿はイッテQでずっとみんなが見てきたから、「イモトだけが安室ちゃんと。。。」なんて思う人間なんていないと思います。

ここまで頑張ってきたイモトは「夢は諦めなければいつか叶う」ということを証明してくれたと思います。

ライトファンなのに長々書いてしまいました。。見ていただきましてありがとうございました!
つーぶろ

イッテQ未公開シーン

イッテQでの未公開シーンがHuluで独占公開されています。

安室奈美恵×Hulu独占インタビューも沢山掲載。

テレビでは放送されない息を呑む貴重なシーンの安室ちゃんを見ることができます。

2週間は無料で視聴できるためお試しで全て見ることも可能です!

イッテQ未公開!安室奈美恵×イモトの裏側を見れるのはHuluだけ。詳細はこちら

-雑記
-, ,

Copyright© OKIRAKU LIFE.com , 2018 All Rights Reserved.