東京ディズニー

手ぶらディズニーは超快適だったレポ!最低限の持ち物と注意点を紹介するぜ!

投稿日:2019-09-08 更新日:

つーぶろ
こんにちは!つーぶろっく(@okirakulife2blo)です!

僕の誕生日祝いに友達がディズニーシーへ遊びへ連れて行ってくれました。

1年半ぶりのディズニーということで今回は初めての試みをしてみました。

【この記事の目次】

ふと思い立った「手ぶらディズニー」

手ぶらディズニーとは?

読んで時の如く、「手に何も持たず楽しむディズニー」のこと。

勝手に僕が考えました。

なぜ思い立った?

ミニマリストほどではないのですが旅行の時以外ではあまりものを持ちたくはありません。

旅行に行くときも本当は手ぶらで行きたいくらい。

ディズニーに関して言うと日帰り旅行のような感覚だったので

つーぶろ
ディズニーなら手ぶらでなんとかなるんじゃね!?

と思い立ったのがきっかけでした。

手ぶらディズニーを実践している人はいる

「手ぶら ディズニー」で検索してみるとちらほら同じようなことをやっている方がいらっしゃいました。

どの方の感想も

手ぶらは快適!
とおっしゃってたのでますます実践してみたくなった。

ということでディズニーの前日、持ち物を決めることにしました。

手ぶらディズニーの条件

手ぶらディズニーを実践する上での僕の中での条件を述べたいと思う。

条件その1:手に何も持たないでディズニーへ入園する

ディズニーへ入園する段階で手に何も持たないこと。

つーぶろ
手ぶらなんだから当然!

条件その2:ポケットは使用可能

衣類のポケットを活用し、ものを収納することは可能とする。

つーぶろ
ただし、ポケットに詰め込むとシルエットが悪くなるので最低限のものにしようね

条件その3:園内でのフードやお土産は対象外

フードやお土産は手ぶらの対象外とする。

フードは食べたらすぐにゴミ箱へ捨てて手ぶらを遂行すること。

お土産は邪魔になるのでディズニーの帰る間際に購入すること。

つーぶろ
今思えば、お土産はディズニーから発送できる有料サービスがあるので利用すればよかった。

条件その4:支払いは基本キャッシュレスで対応すること。

パーク内での支払いは基本キャッシュレスで行う。

現金を持つと手間がかかったり小銭でポケットが膨れてしまうので面倒くさい。

僕の場合はクレジットカードをメインで使用する。(楽天ポイントがわちゃわちゃ貯まる 年会費永年無料の楽天カード を使う。)

しかし、稀にカートタイプのお店だと現金しか対応していないため何かあったとき用に1万円札だけ用意しておく。

手ぶらディズニーでの最低限の持ち物

僕が持っていった荷物は以下の通り。

その中でも「絶対に必要なもの」と「あったら良いもの」を分類しておく。

絶対に必要なもの

スマホ

僕はiPhone7を使用。そして、使いようは無限大。

  • 電子チケット
  • ファストパス取得(※重要)
  • 交通系IC(僕はSuia)での電子決済
  • 写真撮影
  • パーク内の調べ物
  • 暇つぶし
つーぶろ
これがないと楽しめない!

バッテリーもセットで持っていかないと充電切れには注意です。

充電器(バッテリー)

つーぶろ
まる1日過ごして、iPhoneを4回も満充電しました。

バッテリー自体の充電は前日に満タンにしておくこと!

充電ケーブル

つーぶろ
スマホ、バッテリー、ケーブルの3点セットは忘れずに!

事前にケーブルが切れていないか充電してみてチェックしておこう!

クレジットカード

パーク内での支払いはほぼ全てでクレジットカード決済が使用可能。

これでキャッシュレス決済は完璧だ。

iPhone7でSuicaを使用してもよいがせっかくなら楽天ポイントを貯めたいので 年会費永年無料の楽天カード を使用しています。

つーぶろ
パーク内でのクレジットカード決済はサインレスなので決済はめちゃくちゃ早いです。

クレジットカードに直筆署名がない場合は支払いを断られるかその場で記入を求められます。

現金

さすがにクレジットカードだけしか持っていかないのは何かあったときに心配。

とりあえず現金1万だけ用意していった。

保険証・運転免許証

これは何かあったとき用です。

つーぶろ
事故に遭遇する確率もゼロじゃないしね

カードケース

カード類や現金はカードケースの中に入れて財布代わりにしよう!

あったら良いもの

日傘(折りたたみタイプ)

男だけど日傘を持っていきます。

時期は9月。残暑真っ只中。

感想としては本当にあってよかった

炎天下のパーク内でソアリンに4時間並んだが日傘がなかったら絶対に熱中症になってた自信がある。

つーぶろ
男で日傘は恥ずかしい・・・と思わないでがんがん使いましょう!世界が変わります!

帽子

こちらも暑さ対策の帽子。

あるのとないのじゃ全然違います。

直射日光を受けてしまうと頭皮へのダメージも半端ない。

つーぶろ
ハゲのリスクも高まるので若いうちから気をつけておきましょう。

日焼け止め

日焼けは後々シミ、シワ、そばかすの原因となります。

男でも肌の綺麗さは大事です。

日傘や帽子でガードしても日焼け止めは塗っておきましょう。

SPF50+は3時間に1回は塗り直しが必要になるので注意。

つーぶろ
僕は元々肌が弱いのでつけます

ポケモンGO用Go-cha

ポケモンGOをやっているのでもちろんディズニー内でもポケ活です。

Go-tchaをつけておけばポケストップとポケモン捕獲は全自動でやってもらえるので腕に巻いて頑張ってもらいます。

「手ぶらディズニー」レポート

つーぶろ
ということで、ディズニーへゴーゴー!

舞浜駅到着

つーぶろ
舞浜駅へ到着。朝7時30分

つーぶろ
ドナルドがお出迎え

手ぶらの様子はこれ

駅の男子トイレで撮影した手ぶらの様子がこちら。

バッグも背負ってないし完全手ぶらなんです。

日傘はズボンの後ろポケットにぶっ刺してます。

舞浜駅でフレンチトースト朝ごはん(390円)

友達と舞浜駅で8時に待ち合わせしていました。

朝から何も食べていなかったので舞浜駅の改札を出てすぐ左にあるカフェ「Becker's」で優雅に朝ごはん。

つーぶろ
支払いはキャッシュレスで!
つーぶろ
改札を出て走ってパークへ向かう大勢の人を見ながら食べるフレンチトーストは格別。

とか余裕ぶっこいてたから後で悲惨な目に合うなんてこのときは知る由もなかった。

手ぶらだと荷物チェックはなし

舞浜駅からディズニーシーへはモノレール(ディズニーリゾートライン)を使います。

可愛いですね

つーぶろ
物を持っていないので余計なスペースを取らず、他のお客さんの邪魔をしないので楽。

到着したらすでに入園が始まっていました。

入園前に荷物チェックを受ける必要があります。

しかし!手ぶらの人は荷物チェックを受けなくて良いです。

5秒位は時短できます。

つーぶろ
ドヤ顔で荷物チェックスルーです

また、荷物がないので人の間をスルスルと抜けることも可能。

ソアリンのファストパスチケットが入園前に発券終了!

ここでトラブル発生!

入園待ちをしている間に先日TDSにできた新アトラクション「ソアリン」のファストパスチケットが発券終了。

200分待ちの行列に並ぶことが確定して絶望する。

つーぶろ
優雅にフレンチトーストなんて食べてる場合じゃなかった・・・

トイストーリーマニアのファストパスをスマホで取得

結局、入園できたのが8時28分。

その時点でトイストーリーマニアのファストパスが残っていたのでスマホでファストパス取得。

つーぶろ
この時点で19:30~20:30のファストパス発券中。。

スマホがあるといちいちアトラクションまでいって紙のファストパスを発券しなくても良いので楽です。

手ぶらでも戦慄したソアリンの行列

TDSを象徴するセンター・オブ・ジ・アース!

めちゃ晴れて爽やかだったのですが改装中で足場が丸見えで少し残念。

ここで、画像中央の右を見てほしい。

おわかりいただけただろうか?

ここに見えるのは全員、ソアリンを待っている人の列!

ソアリンは右をずっとずっと先に行ったところ!

つーぶろ
内心、絶望していたけど友達に悪いので冷静を装ってました。

真夏なら手ぶらでも日傘必須!

結局、ソアリンの列に8:40くらいから並び始めてノリ終えたのは12:30。

つーぶろ
炎天下の中、辛かったー!

日傘があって本当に良かった。

一緒に行った友達は日傘を持っておらず共有して使っていたが

日傘ってめっちゃ涼しくてびっくりした!

と日傘の魅力を知ってもらいました。

つーぶろ
手ぶらであっても真夏は日傘必須です

暑さ対策のクラッシュアイス(300円)

また、ソアリン列に並んでいる最中に熱中症対策を購入。

もちろんキャッシュレス決済でクレジットカードを使用。

クラッシュアイス。ドナルドのデザインが可愛い。

麻辣ポップコーン(ソアリンデザインバケット付き) (2000円)

ソアリンの目の前にあるポップコーン屋さんで麻辣ポップコーンを購入。

つーぶろ
ソアリンデザインのバケット付きを購入。

首から下げるので手ぶらは保持されます。

フードは殆どがキャッシュレス対応

ソアリンを終わった段階でお昼を過ぎていたのでフードタイム。

全てキャッシュレス決済でクレジットカードを使用可能でした!

サインレスなのですいすい買える。

日本のディズニーは味がとても良いのでなんでも食べたくなっちゃいますね。

激しいアトラクションも手ぶらOK

その後、タワーオブテラーやレイジングスピリッツにのりました。

激しめのアトラクションではありましたが手ぶらでポケットから荷物が滑り落ちるということは有りませんでした。

つーぶろ
とはいえ、やっぱりポケットから滑って落ちそうで気になりますね

手ぶらなので疲れにくい

暑さでの疲れは有りましたがリュックを背負う等したときの背中や方の疲れはありませんでした。

お土産購入。初めて手が塞がる。

手ぶらで快適のままアトラクションを楽しみ、夜のショーを待つのみとなりました。

ここで邪魔にならない程度にお土産を購入。

つーぶろ
今日、初めて手がふさがりました。

ただし、お土産はしょうがないので手ぶら対象外です。

ファンタズミック終了後、退園

ファンタズミック鑑賞は立ち見で鑑賞。

手ぶらなので周りの人に荷物で邪魔をすることがありません。

他人に気を使わなくてよいのは素晴らしいメリットだと思います。

素晴らしいファンタズミック鑑賞後、退園です。

つーぶろ
丸一日、手ぶらディズニーシーを楽しめました!

手ぶらディズニーのデメリット

割り勘ができない

複数人でディズニーに行ってフードを購入するときの話。

まとめて会計することがあります。

そんなときにキャッシュレス決済をすると割り勘することができません。

自分がまとめてクレジットで支払った後に現金で返してもらうのは面倒くさい。

つーぶろ
ポケットの中がジャラジャラするし落とす心配もある

汗ふきシートや細かい対応ができない

今回失敗して気づいたこと。

当然だがリュックがあると「あったら良いな」と思うものを沢山詰めることが可能。

汗ふきシートを持ってきていなかったので炎天下で吹き出す汗を友達から借りることになってしまった。

こういった細かい対応ができるのはリュックの為せる技。

つーぶろ
まさにトレードオフ

アトラクションでモノが落ちないか心配

上でもいいましたが僕の場合はタワーオブテラーなどの激しいアトラクションに乗りました。

しかし、ポケットから物が落ちることはありませんでした。

つーぶろ
とはいってもどうしても気になってしまいますね。

蓋付きのポケットのついた衣類を使用すると安心ですね。

手ぶらディズニーのメリット

身軽(最大のメリット)

なんと言っても身軽!!

これ以上のものはありません!

身軽であることで思いっきりはしゃぐことができます。

疲れにくい

リュックを背負っていてあまり重さを感じていなくてもパーク内で歩き続けると徐々に疲れは溜まってきます

身軽であればあるほど疲れにくいです。

手荷物検査がスルー

入園前にある手荷物検査がスルーされます。

たった数秒ほどの手荷物検査ですがアトラクション目当てやファストパス取得で急いでいる方にはその数秒すらもったいないでしょう。

キャッシュレス決済は早い

クレジットカードや交通系ICを使用することでさくっと時短することができます。

  • お金を計算して渡す。
  • お釣りをもらう。

という手間を

  • カードを渡す。
  • カードを返す。

という動作だけになります。

つーぶろ
折角なら楽天ポイントの貯まるが楽天カードオススメです。

>> 年会費永年無料の楽天カード

手ぶらディズニーを実践してみた感想

今回「手ぶらディズニー」を実践してみた結果、手ぶらディズニーを実践するだけの価値は十分にあった。

荷物を厳選していく必要はあるが身軽だし疲れにくいので、その分ディズニーを楽しむパワーにまわすことが可能。

次の日への負担を少なくしたい人にもぜひ実践してみてほしいと感じた。

一人よりも二人以上のほうが手ぶらディズニーを成功させやすい

彼女や友達とディズニーで行く場合の話。

例えば、、

  • Aさんが充電器ケーブル準備、日焼け止めなどメインの手ぶらグッズを準備。
  • Bさんが汗ふきシートやティッシュなどのあったら良いな?的なグッズを準備。

こんな感じでお互いに手ぶらに足りない荷物を補間しあって準備することで、手ぶらディズニーを成功させやすいのではないかと感じました。

つーぶろ
手ぶらディズニー、ぜひ一度お試しをっ!

-東京ディズニー
-, ,

Copyright© OKIRAKU LIFE.com , 2019 All Rights Reserved.