モンスト

辞められないソシャゲの辞め方について超真面目に考えてみた。【人生変えよう】

投稿日:2019-02-02 更新日:

つーぶろ
こんにちは!つーぶろっく(@okirakulife2blo)です!

今回はソシャゲを辞めてもまた別のソシャゲをやってしまうというソシャゲ依存症からどうやって脱出できるのか超絶真面目に考えてみました。

ソシャゲの辞め方を考えた経緯

私は約5年続けたソシャゲ(モンスト)を引退した

自分は2018年4月2日を持って約5年間続けたソシャゲ(モンスト)を引退しております。

このときに書いた記事がおかげさまでたっっっっくさんの方に見てもらえてます。

コメントもいただいて「辞める決心がつきました!」等のコメントを頂くことが多いです。

嬉しい限りです。

興味深いコメントをいただいた

そんな中、先日匿名さんから以下のコメントをいただきました。

はじめまして、検索で引っかかったので読ませていただきました。
 
私はまだソシャゲ中毒の真っただ中です。この記事にたどり着いたのも「何か新しいソシャゲしたいな」と思い”ソシャゲ”でググった結果です。
 
私もモンストはパンドラが出たあたりまでやっていて、筆者さん以上に課金もしていました。
そして筆者さんも言及していましたが、運極ループに辟易してすっぱり辞めました。
 
ただ、私の場合はそこで空いた時間を他のソシャゲに充ててしまい、結局ずっとスマホを手放せない状況です。

視力の低下も懸念されますし、何をするにもソシャゲ基準になっている点を是正したいとは思うのですが、ソシャゲ以上の趣味が見つからず、脱却できずにいます。
 
他の趣味や目標などのいい見つけ方ってありますでしょうか。

つーぶろ
ふむふむ。。

この方はモンストの「運極を作って運極を作るループ」の真理へ至ったためモンストを引退しました

そこまでは良かった。

ソシャゲ引退するとソシャゲに充てていた時間が暇になり、趣味や自己投資に没頭できるようになるメリットがあります。

でも、匿名さんはモンストを引退してあいた穴を別のソシャゲで埋め合わせをしてしまったそうです。

なんということでしょう。

とても、とても重症な気がします。

以前紹介したソシャゲの辞め方では根本的な解決にならない

以前、以下の記事の最後に軽くソシャゲの辞め方を3つ紹介させていただきました。

  1. ゲームのアンインストールすること。
  2. アカウント譲渡すること。
  3. モンスト内のガチャキャラを売却すること。

でも、このとき紹介したのはただのゲームとしての辞め方です。

匿名さんはソシャゲを辞めてもまた別のソシャゲを始めてしまい、根本的な解決にはなっておりませんでした。

思い切ってソシャゲを引退したのにまた別のソシャゲを初めて辛い思いをするのは本望ではありません。

ソシャゲを辞めてもソシャゲを始めてしまう人の心理とは何か考えてみる

ソシャゲを思い切って辞めてもまた別のソシャゲを始めてしまう人の心理を考えてみることにした。

きっと何かがある。

そもそもソシャゲは暇つぶし

ソシャゲを辞めた身からするとソシャゲって基本、暇つぶしなんですよ。

暇な時間があるとスマホポチポチやってしまいますよね。

通勤通学中の電車待ち時間、電車の中、学校や会社の休み時間。

ソシャゲってそんな空き時間を使ってさくっとできるようなものが多いです。

ゲームも基本難しいことはなく時間をかけてやり込めるものなので空いた時間にアホみたいにポチポチやるのにソシャゲは非常に適していると思う。

思うというか適している。

頭使わず楽しめて時間潰せるものにソシャゲ以上のものはない。

暇な時間がある

つまりは暇な時間があるということなんです。

暇な時間=苦痛な時間をなんとかしたいからソシャゲをやってしまいます。

ということは暇な時間がなけりゃもちろん、ソシャゲをやる必要はそもそもでてきません

ソシャゲ以上の趣味が見つからない

匿名さんは「ソシャゲ以上の趣味が見つからない」と言いました。

ソシャゲ以外に趣味がなく、ついついスマホを覗き込んでしまうといった感じでしょうか。

暇な時間があって打ち込めるものがないのからソシャゲするしかない。うーん。

私がソシャゲ依存症の人に対して思うこと

ソシャゲってそもそも趣味って言えるのか?

ソシャゲってそもそも趣味なのでしょうか?

自分は上にも書いたとおりただの暇つぶしだと思います。

ソシャゲは趣味っていうほど大した作り込みしてないです。

思考停止で指先でシュシュってやってるだけですやん。

そんなソシャゲを趣味といのは疑問です。

何の得にもならないソシャゲに注ぐのは勿体無い!

暇な時間をなんの得にもならないソシャゲに注いでしまうのは勿体無いです。

もちろん得がないとは言いません。

  • 友達との交流、話題作り
  • 誰かと繋がれる嬉しさ

があるのですがそんなソシャゲでしか繋がれない仲間ってどうよ?

大切なのはソシャゲを辞めたとしても繋がれる心を許せる仲間なのではないでしょうか?

時間は無限じゃないよ。尊い時間をソシャゲに使うのはもったいない!

自分の人生は無限ではありません。

いつか人は死んでしまいます。

自分だって死ぬし、これを見てるあなたもいつか死ぬ。

人生80歳までと計算して自分のために使える時間ってどれだけ?

人生の3分の1は睡眠、3分の1は学業仕事ってざっくり考えると。。

自分のために使える時間は残り3分の1=20数年しかありません。

その尊い人生の大切な時間をスマホなんかに費やしていいの?って思います。

ソシャゲ以上の趣味や目標を見つけるための大切な考え方

趣味や目標ってすぐ見つかるもんじゃないよ

まず、大前提として考えること。

趣味や目標ってすぐ見つかるもんじゃないです。

なにかやろうと思って始めても最初は何もできないんで面白くありません。

最初からうまくいったら逆につまらないです。

結局、なにか始めたとしても面白くないから手軽にできるソシャゲに戻りがち。

何かを始めたら少しずつ、時間をかけてステップアップしていこう

まずはコツコツとやれることから伸ばしていくことが大切です。

1週間できたら次は1ヶ月。3ヶ月。6ヶ月。1年といったステップアップが大切です。

ソシャゲだって最初は「なにこれ?」と思っていたのが「楽しくなってきた!」て感じだったでしょ!?

趣味や目標を見つけるのも同じことです。

ソシャゲは逃げだと思うこと。

「趣味や目標を探したい」から活動をしているのにソシャゲを始めてしまったあなた。

それは単なる逃げです。

自分に言い訳はしないようにしよう。

おすすめの趣味や目標4選!

自分がソシャゲを断てるために考えられるおすすめの趣味や目標を考えてみました

ジムで体を鍛える(一番オススメ)

  • 太っている人はダイエットのため。
  • 痩せ型~普通体型の人は筋肉をつけるため。

という理由からジムをおすすめします。

体が鍛えられるだけで不思議と自信が湧き出てきます。

体を鍛えると見た目が変わります。

これ以降に挙げているのは見た目に変化はありません。

ほとんどの人が痩せたり筋肉つけて髪型おしゃれにしたらイケメン&美女になれます。(今はブスでも)

見た目がよくなって自信が持てて、さらにモテる

これ以上の費用対効果はありません。

つーぶろ
みんながソシャゲで脳死している間に体を鍛えて人生楽しもうぜ!!

人との交流

ソシャゲのように狭い世界に浸っていると頭が固くなってしまいます。

考えも偏ってしまい、柔軟な考えが生まれなくなってしまいます。

脳死状態で思考停止です。

人との交流をすることで脳が活発に活動できます。

人と話すことで新しい考えを取り入れることができます。

人との交流は恋人作りや友達探しも含みます。

でも、こっちは相手がいないとどうにもできない。

ジムは一人でできるのに対してちょいとハードル高め。

つーぶろ
ジムで体鍛えて自信つける→人との交流という流れもOK!

海外旅行

旅行に行くのはどうでしょうか?

特に海外旅行。

海外に行くと思っクソ人生観変わります。

自分はアメリカいって帰ってきたら2ヶ月後に仕事辞めてました笑

海外に行くために仕事を頑張る→仕事を頑張るためにスキルアップする。

等の良質ループが生まれますよ。

廃課金した金額使っちゃえば世界のどこにでもいけちゃうよ。

自分がこれまでに行った旅行はこちらにまとめてるので良かったら見てみて。

ソシャゲ辞めたらこんなとこたくさん行けるよ!

つーぶろ
海外行ったらソシャゲなんて・・・って思える!

スキルアップ

自身のスキルアップ。

こちらも費用対効果が大きい目標の一つ。

英会話やTOEICなどの新しい言語スキル。

プログラミングなどのエンジニアスキル。

などのスキル取得は人生において大切な資産になります。

転職とか考えたときに資格持ってたらどれだけ心強いか。

つーぶろ
ソシャゲのキャラのスキルアップをするんじゃなくて自分自身のスキルアップはいかが?

変わりたい!じゃだめ。変わる!じゃなきゃ。

ずらずらーっとソシャゲを辞めて新しい趣味や目標探しについてまとめてみました。

でもね、なんだかんだ言って自分がどう言おうと本人が気づかなければだめなんです。

結局、決めるのは自分自身なのだから。

変わりたい!って思うんだったら変わればいいじゃんって自分は言うしかないです。

つーぶろ
変わりたい!じゃだめなんだよ。変わる!じゃなきゃ。

-モンスト
-, ,

Copyright© OKIRAKU LIFE.com , 2019 All Rights Reserved.